教員

教員のe-mailアドレスは[at]の部分を@に変更してください。

鈴木 康弘(Yasuhiro SUZUKI)

Suzuki

所属(兼担):減災連携研究センター(環境学研究科協力教員)

職名:教授

最終学歴:東京大学大学院理学系研究科 博士課程 単位取得満期退学

学位:博士(理学)[東京大学]

専門分野:自然地理学、変動地形学、災害地理学

プロフィール:もともと活断層の動きが地形を造るダイナミックな姿に魅了されて研究を始めましたが、阪神・淡路大震災以降は、防災・減災への貢献も使命だと思うようになりました。活断層についても未解明のことがたくさんあります。 風土の特質に応じた社会のあり方についても考えていきたいと思っています。

URL:鈴木康弘WEB SITE名古屋大学教員プロフィール

e-mail:ysz[at]nagoya-u.jp

高橋 誠(Makoto TAKAHASHI)

Takahashi

所属(兼担):環境学研究科 社会環境学専攻(文学部)

職名:教授

最終学歴:名古屋大学大学院文学研究科 博士後期課程 単位取得満期退学

学位:博士(地理学)[名古屋大学]

専門分野:社会地理学、災害社会論

プロフィール:最近は、2004年スマトラ地震、2008年四川大地震、2011年東日本大震災などを事例に、自然災害の問題を空間と社会の破壊と再生という視点から考えています。

URL:M. Takahashi's site名古屋大学教員プロフィール

e-mail:makoto.takahashi[at]nagoya-u.jp

横山 智(Satoshi YOKOYAMA)

Yokoyama

所属(兼担):環境学研究科 社会環境学専攻(文学部)

職名:教授

最終学歴:筑波大学大学院地球科学研究科 博士課程 中退

学位:博士(理学)[筑波大学]

専門分野:文化・政治生態学、農山村地理学、東南アジア地域研究

プロフィール:自然と人間活動の相互関係に関心を持っています。ラオス、タイ、ベトナムなどの東南アジア農山村地域において、自然資源を利用した生活を営んでいる地域における生業変化やグローバル化に伴う社会経済環境の変化に対する人々の生存戦略などの研究を行っています。また2000年以降は、大豆発酵食品(ナットウ)の調査を行っており、ヒマラヤと東南アジア大陸山地部の照葉樹林帯の食文化に関する研究にも携わっています。

URL:Learning from the Fields名古屋大学教員プロフィール

e-mail:s-yokoyama[at]nagoya-u.jp

今里 悟之(Satoshi IMAZATO)

Imazato

所属(兼担):環境学研究科 社会環境学専攻(文学部)

職名:教授

最終学歴:京都大学大学院文学研究科 博士後期課程 修了

学位:博士(文学)[京都大学]

専門分野:文化・社会地理学、農山漁村研究

プロフィール:日本の農山漁村地域の人々が、これまでどのように暮らし、集落社会を営み、周りの環境を捉えてきたのかについて、各地のフィールドで学んできました。空間認知との関わりから、民俗分類、通称地名、地理思想などにも関心を持ち、最近では九州の民俗宗教について学ぶ機会が増えてきました。地理学のみに閉じることなく、社会学、民俗学、宗教学、認知言語学、日本学Japanese Studiesなどからも様々な刺激を得たいと考えています。

URL:名古屋大学教員プロフィール

e-mail:imazato.satoshi.z3[at]f.mail.nagoya-u.ac.jp

伊賀 聖屋(Masaya IGA)

Iga

所属(兼担):環境学研究科 社会環境学専攻(文学部)

職名:准教授

最終学歴:名古屋大学大学院 環境学研究科 博士後期課程 修了

学位:博士(地理学)[名古屋大学]

専門分野:経済地理学、食料の地理学

プロフィール:グローバルな状況におけるローカルレベルでの多様な経済空間の生成について、「食」の領域に着目しながら研究しています。とりわけ、特定の地理的環境に埋め込まれる度合いの強い食料供給体系を多様な空間の構成要素と捉え、その構造的特質や形成メカニズムを明らかにするような研究を行っています。また、ローカルレベルでの新たな食の実践が有するオルタナティヴ性を批判的に検討し、それが経済取引における公正性の担保や信頼の構築といかに関わるかを解明する研究にも取り組んでいます。

URL:名古屋大学教員プロフィール

e-mail:iga.masaya.p0[at]f.mail.nagoya-u.ac.jp

齋藤 仁(Hitoshi SAITO)

Saito

所属(兼担):環境学研究科 社会環境学専攻(文学部)

職名:准教授

最終学歴:首都大学東京大学院 都市環境科学研究科 博士後期課程 修了

学位:博士(理学)[首都大学東京]

専門分野:自然地理学、地形学、地理情報科学

プロフィール:現地調査、ドローン観測、地理情報システム(GIS)・リモートセンシングを用いて、アジアモンスーン地域の土砂災害の発生要因の地域性を、地形・地質・気候・植生等の自然地理学的要素から総合的に解明する研究を行っています。近年は極域での永久凍土荒廃の広域的評価の研究にも携わっています。

URL:Hitoshi Saito Web site名古屋大学教員プロフィール

e-mail:saito.hitoshi.b7[at]f.mail.nagoya-u.ac.jp

久島 桃代(Momoyo KUSHIMA)

Kushima

所属(兼担):環境学研究科 社会環境学専攻(文学部)

職名:助教

最終学歴:お茶の水女子大学大学院 人間文化創成科学研究科 博士後期課程 修了

学位:博士(社会科学)[お茶の水女子大学]

専門分野:人文地理学、文化地理学

プロフィール:私たちにとって最も身近な空間である「からだ」に着目して、これがその他の多様なスケールの空間(世界、国家、都道府県、市町村…)の出来事に投げかけるものを考えています。具体的には、自然を利用した織物製作にみる農山村女性移住者の場所の経験や、障がいを生み出す空間-社会における居場所の問題、近年では津波被災地(岩手県陸前高田市)の復興等です。前職で地域防災に関わってからは、安心・安全なまちづくりの実態を身体性の視点からフィールドワークしています。

URL:名古屋大学教員プロフィール

e-mail:kushima.momoyo.x9[at]f.mail.nagoya-u.ac.jp


事務補佐員

市川 ゆかり(Yukari ICHIKAWA)

所属:環境学研究科 社会環境学専攻 地理学講座

職名:事務補佐員

プロフィール:地理学教室の書籍管理、電話対応、各種事務手続き業務の補助を行っております。

e-mail:ichikawa.yukari.i8[at]f.mail.nagoya-u.ac.jp

ページのトップへ戻る


名誉教授

石原 潤(Hiroshi ISHIHARA)

所属:名古屋大学名誉教授、京都大学名誉教授、前奈良大学学長

最終学歴:京都大学大学院文学研究科 博士課程中退

学位:文学博士[名古屋大学]

専門分野:人文地理学・農村地理学・商業地理学・アジア地域研究

研究内容詳細:Wikipedia(石原 潤)

海津 正倫(Masatomo UMITSU)

所属:奈良大学特命教授、名古屋大学名誉教授

最終学歴:東京大学大学院理学系研究科 博士課程 単位取得満期退学

学位:理学博士[東京大学]

専門分野:自然地理学・地形学・第四紀学

研究内容詳細:海津正倫のホームページ

林 上(Noboru HAYASHI)

所属:中部大学人文学部教授、名古屋大学名誉教授

最終学歴:名古屋大学大学院文学研究科 博士課程 単位取得満期退学

学位:文学博士[名古屋大学]

専門分野:人文地理学・経済地理学・都市地理学

研究内容詳細:林 上のホームページ

溝口 常俊(Tsunetoshi MIZOGUCHI)

所属:名古屋大学名誉教授

最終学歴:名古屋大学大学院文学研究科 博士課程 単位取得満期退学

学位:博士(文学)[京都大学]

専門分野:人文地理学・歴史地理学・南アジア地域論

研究内容詳細:Wikipedia(溝口常俊)

岡本 耕平(Kohei OKAMOTO)

所属:愛知大学教授、名古屋大学名誉教授

最終学歴:名古屋大学大学院文学研究科 博士課程 単位取得満期退学

学位:博士(地理学)[名古屋大学]

専門分野:人文地理学、都市地理学、行動地理学

研究内容詳細:岡本耕平のホームページ

ページのトップへ戻る